Powered by Newsweek logo

山本尚平
YAMAMOTO SHOHEI

山本尚平

株式会社山本製作所 代表取締役

海外市場への挑戦によって
尾道を“洗濯機の街”にする
昔に比べ、すっかりイメージが変わったコインランドリー。その多くが採用しているのが株式会社山本製作所の洗濯乾燥機だ。業務用クリーニング機器メーカーとして長い歴史を持つ同社だが、近年の飛躍の背景には欧米市場への挑戦があった。
山本尚平
時勢を見極めつつ、多彩な業務用洗濯機を開発

「尾道といえば、洗濯機をつくっているところというイメージを持ってもらえるようにしたいんです」と語る、株式会社山本製作所代表取締役の山本尚平氏。現在は風光明媚な観光地としての印象が強い港町の尾道だが、かつては造船業で大いに栄えたこともあり、工業都市としての一面も持っている。そんな尾道で1947年に鉄工所として創業した同社は、1952年から一貫して業務用洗濯機の開発、販売を行ってきた。

ひとくちに業務用洗濯機といっても、クリーニング店が使用するドライクリーニング用、コインランドリー用、ホテルのリネン類などを洗う産業用、病院などの小・中規模施設用といった具合に、規模や用途に応じてさまざまな種類がある。

同社は長い間ドライクリーニング用のみを製造していたが、シワになりにくい繊維素材などの登場などもあってクリーニング店離れの傾向が顕著になると、その他の分野にもシフト。なかでも1996年から手がけ始めたコインランドリー用機械は、現在では同社の売り上げの約50%に達する。

2017年にはコインランドリー業者およびITシステムベンダーとの3社連携によって、IoTを活用した「スマートランドリー」を開発。スマートフォンアプリで空き状況の確認や洗濯終了の通知が受け取れ、洗濯機のロックなどの制御もできる次世代のコインランドリーの登場が話題を呼んだ。

そして、これら以外にもうひとつ、同社にとって重要なウエイトを占める事業がある。それは海外輸出部門だ。「世界市場に挑戦したことは、当社にとって非常に大きな転機となりました」と語る山本氏。海外進出は、山本氏が創業者である父の跡を継いで社長に就任した2002年の翌年に、ドイツ・フランクフルトで開催された世界展示会に視察に行ったことがきっかけだった。

「世界の業界の流れを見ておこうという気持ちで幹部スタッフと一緒に見学に行ったのですが、当社の製品が世界で通用するレベルにないことが分かって落胆しました」。しかし一方で、ドライクリーニング衰退の兆し、人口減少などに危機感を覚えていた山本氏は、世界の市場でプレイできないと会社の明るい将来はないとも考えていた。

「私は、口に出すことで自分にプレッシャーをかけて動くタイプなんです」と語る山本氏。氏は帰国するとすぐに従業員に向けて展示会のレポートを書き、アメリカ市場への挑戦を表明したのだ。

山本尚平
大きな転機となった海外市場への進出

同じ業務用洗濯機でも、日本とアメリカでは仕様が異なり、また製品および製造工場について安全規格の認証も得なければならない。国際対応の営業スタッフも必要だ。

平坦な道のりではなかったが、2007年ごろからアメリカ市場の開拓に着手すると、山本製作所は徐々に売り上げを伸ばし、2012年に米国に現地法人「ヤマモト・ジャパン」を設立して米国市場に本格的に進出。2018年にはフランスにも現地法人を設立してヨーロッパ進出も果たした。現在では海外での売り上げが全体の10%を占めるまでに成長している。

成功の理由は、どこで、そして自社の何で勝負するかということをしっかりと見極められたからだと山本氏は語る。「当社の強みのひとつは、部品の90%以上を内製化していること。もともと堅牢な設計なのに加え、故障してもパーツが欠品することがないので、何十年と使い続けることができます。ただし、漠然とそれを売りにしているだけでは価格競争となった場合に不利になってしまいます」

そこで目をつけたのが、ホテルや病院などのリネンやガウンを洗う産業用洗濯機の分野だ。「欧米の洗濯産業では、水を使って洗うウエットクリーニングは洗濯、脱水、乾燥をそれぞれ別の機械で行うのが一般的で、メーカーは一連の工程をオートメーション化したセットで機械を販売していました。それに対して当社はすべての工程をひとつの機械でまかなえる機械を開発したのです」

当時、家庭用の洗濯脱水乾燥機はすでに普及していたが、業務用の機械はまだ存在しなかった。製品は注目を集め、やがて導入した企業から耐久性があって長持ちするという評判が広まると、長期的に見ればコストも下げられるということで売り上げは伸びていった。「ゾーニングをしっかりと行い、他社にない特徴的な製品をつくる。海外で勝負するにはこのふたつが不可欠だと思います」

世界へ挑戦したことは、製品の開発力強化につながっただけでなく、デザイン、ブランド力から社員の意識や働き方に至るまで、あらゆる面でよい変化をもたらしたと語る山本氏。現在の売り上げは約50億円だが、2030年ごろまでに100億円に伸ばすことを目標にしている。

これからも尾道での製造にこだわり、その利益を社員と地元尾道に還元していきたいと言う。新工場も続々と建設されている。「尾道は洗濯機の街」というイメージが定着する日も、そう遠い将来のことではないかもしれない。

山本尚平

株式会社山本製作所 代表取締役
https://www.onomichi-yamamoto.co.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。