Powered by Newsweek logo

津田宏尚
TSUDA HIROTAKA

津田宏尚

津田デンタルクリニック 院長、歯学博士

患者との対話や丁寧な診療を通じて歯のケアの重要性を啓蒙
歯、そしてカラダの健康のためには、定期的なケアによって予防を心がけることが何よりも大切。しかし不調を覚えてからようやく歯科医院に足を運ぶ人がまだまだ多いのが実情だ。「歯医者は怖い」というイメージを変えるために津田デンタルクリニック院長の津田宏尚氏が重視するのは、患者とできるだけ話すことだ。
津田宏尚
美容院に行くような感覚で歯医者に来てほしい

東京・麹町の新宿通りに面したビルの1階にある「津田デンタルクリニック」。ビジネス街のイメージが強い麹町だが、大通りから奥に入るとマンションも多く、オフィスワーカーをはじめ、高齢者から子どもまでさまざまな人々が来院する。クリニックではそうした患者に対し、一般歯科はもちろん、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、歯科口腔外科、入れ歯、インプラント、ホワイトニング、歯列矯正など、一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療を行っている。

床には無垢の木材、壁にはトラバーチンの石材を使用し、温かみのある落ち着いた雰囲気の院内には、個室、半個室の施術室のほか、カウンセリングルームも備えている。カウンセリングルームに入ると、目を引くのが大きなモニターと顕微鏡。患者から採取した歯垢の中にいる細菌をその場で拡大して見ることができる。歯周病が進行している場合、画面には無数の細菌や真菌、原虫などが動き回っているさまが映し出される。これを見て平気でいられる人はそう多くはないだろう。

「大切にしているのは、できるだけ患者さんと話すことです」と語る、院長の津田宏尚氏。会話を重視するのは、歯の治療に恐怖感をもつ人はまだ多いため、その緊張をほぐすためでもあるし、患者の人となりを知りたいからでもある。

「治療を行ううえでは、患者さんと歯科医が同じ方向に向かっていることが大事。そのためにはお互いの理解が必要です。理解と信頼を得るためには、話すしかない。現状について、そして治療方法とそのメリットとデメリットについて丁寧に説明することで、一緒に治療方針を決めていきます」

すべての人々が、床屋や美容院に行くような感覚で定期的に歯科医院へ歯のケアをしに行くようになってほしいと言う津田氏。
「健康のためには、体にいいものをバランスよく食べる、そのためには口内を常によい状態で維持することが大事ですが、まだ歯が痛くなってから歯科医院に行くという方が多い。定期的にケアすれば痛い思いもせず短時間で済むのですが、歯医者は怖い、痛いという昔のイメージが受け継がれているんでしょうね。歯科医の使命は、人々の健康を長く保つこと。会話と丁寧な診療によって地道に啓蒙することでそのイメージを変え、ここからその輪を広げていきたいですね」

津田宏尚
技術を磨きながら自分のスタイルを模索

医師家系に生まれ、親戚は医師ばかりだという津田氏。「この道を選んだのは、医療業界以外のイメージが沸かなかったからというのが主な理由でしたね」。大学の歯学部を卒業した後、付属病院の口腔外科に入局した氏に待っていたのは、ひたすら親知らずを抜く毎日だった。

「歯科医はたくさんの患者を診ますが、患者さんにとって歯科医は担当する自分一人。経験不足ですみませんではすまない。うまい先輩の真似をするなど、必死で技術を学びました」
そして経験を積むうちに、歯科のおもしろさに目覚めていった。学会とは別に、週末には講習会に参加するために全国各地へ足を運び、さらに知識を身に着けていくにつれ、歯科医として生きていくうえで自分の武器と言えるものがほしいと思うようになったと言う。

津田氏が武器に選んだのは、インプラントの技術。それを磨くために、氏はアメリカ留学を決意した。留学先はカリフォルニア州にあるロマリンダ大学インプラント科。ここに決めたのは、治療方針が比較的日本に近かったからだ。

「日本では一人の歯科医に診てもらいたいという患者さんが一般的ですが、海外では専門医が主流。インプラントだけ、被せ物だけといったように、ひとつのことしかやりません。それでは専門技術は深められますが、他のことに責任がなくなりがち。私はすべてに責任をもちたいし、そのほうがおもしろい。ロマリンダ大学の歯科医院は各専門科に分かれているものの、振り分けられた患者さんに対しては他の領域の治療も含め専門家に相談しながらも自分で治療方針を決めていくので、学ぶには最適だと思いました」

3年間の留学を終えて帰国した津田氏は、さまざまな歯科医の元で働きながら自分のスタイルを模索していった。そして2013年に開業したのが麹町の津田デンタルクリニックだ。

「開業にあたっては、とにかく真面目にやりたいと思いました。最新の機器や技術は積極的に導入しますが、派手なことをやることが目的ではありません。自分が治療を受けるならこうあってほしいということを念頭に置いて設備を整えました」

開業から7年経ち、順調に来院者は増えているが、その分一人ひとりの患者に割ける時間が減ってしまうのがジレンマだと津田氏は語る。
「決まった時間でいかにベストを尽くせるか。歯科医としてのピークはまだこれからだと思うので、それまでにどこまでレベルを上げられるか、挑戦し続けていきたいですね」

津田宏尚

津田デンタルクリニック 院長、歯学博士
http://www.tsuda-dc.info
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。