Powered by Newsweek logo

玉井雄介
TAMAI YUSUKE

玉井雄介

株式会社スマートチェックアウト 代表取締役

良質な決済サービスを通じて、
歯科医院の健全経営をサポートする。
歯科業界に新たな風を吹き込んでいる株式会社スマートチェックアウト。金融事業における多くのマネジメント業務を経験した玉井雄介氏が2017年に個人資産で株式を取得し、経営を引き継いだ。玉井氏が引き取った当時の同社は、取引先がほぼゼロの状態。社員も女性スタッフと二人で、社長である玉井氏が自ら新規顧客の開拓に励む日々だった。
玉井雄介
歯科業界で最安の手数料率を実現

「中小の決済事業者が特徴を出せずに淘汰されていく状況もあり、何かしらの業態にセグメントをしていく必要があると考えていました。漠然とECを対象にマーチャントを集めていくスタイルでは資本力の勝負になってしまい、結局のところ大手に対抗するのは難しい。そこで大きな可能性があると考えていた歯科業界にフォーカスすることにしたのです」

そう話す玉井氏には、前職で美容業界に特化した決済プラットフォームの構築・運営を統括した経験があった。

「エステサロンなどと同様に歯科でもたとえば自費治療になる矯正など、一括で支払うのが難しい価格帯があり、クレジットカードでの分割払いが多数派になっています。また、歯科には約3兆5千億円といわれる市場規模がありますが、強い競合他社が存在しなかった。そこで全国の歯科医院を営業でまわってみると、先生たちが不便に感じている歯科業界ならではの商慣習など、ビジネスにつながる発見がたくさんあったんです」

従来の歯科業界におけるカード決済の手数料は、2.5%から3.0%が常識だった。対してスマートチェックアウトの歯科医院向けカード決済では、玉井氏が付き合いの長い金融機関に対して歯科業界という新たな市場の魅力を訴えたことで、業界で最も安い1.5%の手数料率を実現。急速に加盟店を増やす一方で、歯科医院の経営に資するコンテンツの作成やコンサルティング、システム開発を行うグループ会社も創設し、さらに今年8月には、医療系通販最大手の株式会社歯愛メディカルと業務提携契約を結ぶなど、歯科業界における存在感を高めている。

「当社が掲げる大きなビジョンが、決済サービスを通じて国民の健康増進を図るというもの。そのための1つ目のフェーズが、我々の決済サービスを全国の歯科医院に広く導入していただくこと。そして次なる展開として進めているのが、歯科診療のサブスクリプションです」

今年11月には同社のグループ会社である株式会社Medieが、予防歯科や定期メンテナンスといった毎月の歯科診療を、サブスクリプション(定額)で提供可能にするSaaS型システム「Medie Cup」をリリース。

歯科医院が独自で診療プランや金額を作成できる同システムでは、登録した顧客リストや毎月の支払い状況等の管理が可能。窓口での現金回収や支払業務が省略できるうえ、受診者もクレジットカードを一度登録するだけで毎回の支払いを済ませることができる。

玉井雄介
自社の決済サービスを通じて国民の健康に貢献する

スマートチェックアウトが実現を目指す歯科診療のサブスクリプション。この革新的な取り組みのきっかけについて、玉井氏は「歯科医と国民の知識や情報のギャップを埋めたいという思いがあった」と説明する。

「生活習慣病や認知症のリスクにつながる歯周病を予防するためには定期検診しか方法がないため、欧米などでは多くの人が毎月のように歯科医院に通っています。最近では日本でも口腔内の状態と健康の関係などが注目されていますが、歯の定期検診に通っている方は驚くほど少ないのが現状です。そうした状況に危機感をもっている歯科の先生は多いものの、情報のギャップを埋める発信ができていなかった。そこで我々が歯のメンテナンスの大切さを啓蒙するコンテンツづくりなどをお手伝いすると同時に、歯科診療のサブスクリプション化を進めていく。結果として歯科に通いやすい環境構築につながれば、各医院での矯正やインプラントといった自費治療が増えるなど、新たな市場の創出にもつながるのではないかと考えています」

過去に実施された厚生労働省の調査では、歯科医の5人に1人が年収300万円未満という実態が浮き彫りにされたこともある。実際に、小規模な歯科医院では、保険診療だけなら1日に20人近い患者を診療しなければ健全な経営が難しいのが現状だ。

つまり玉井氏が目指すのは、国民の健康と歯科医院の健全経営の両方を実現するWin-Winのサービス。スマートチェックアウトとしてもサービスが広く深く根ざすほど、決済プラットフォーマーとしての強みを積み上げることができる。

総勢20名の社員はほぼすべてが”縁故採用“。
「私や他の社員の家族だったり友人だったり。みんなこの会社で一生働こうと思って来てくれるので、この3年間で1人も会社を辞めていません。これからはモノではなく人を売る時代。当社では月額1万円で好きな習い事をしてもらう教育メンバーシップを導入するなど、人間磨きにも力を入れています」

玉井氏が率いるスマートチェックアウトと、家族のような社員たちが、日本の予防歯科診療の未来を変えていく。

玉井雄介

株式会社スマートチェックアウト 代表取締役
https://www.smart-checkout.net/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。