Powered by Newsweek logo

住田憲是
SUMITA KAZUYOSHI

住田憲是

望クリニック 院長

痛みやシビレの根本原因を治療する
「AKA-博田法」の普及に努める伝道師
腰痛や肩こり、膝や股関節痛、首や背中の痛み、さらには手足のシビレなど、原因がよくわからない症状を多くの人が抱える整形外科の分野。MRIなどが普及した近年では画像による診断は容易になったものの、たとえ手術をしても症状が改善されないケースも散見される。そうした痛みなどの症状に、根本からアプローチする治療法がAKA-博田法だ。その伝道師たる望クリニックの住田憲是院長に、この画期的な治療法について話を聞いた。
住田憲是
仙腸関節の内部の動きをよくすることで痛みを解消

厚労省が実施する国民生活基礎調査で病気や怪我等で自覚症状のある人の割合を示す有訴者率を見ると、成人の男女では毎年変わらず、腰痛と肩こり、そして手足の関節の痛みが第5位までにランクインしている。そのうち、たとえば腰痛については、原因を特定できる特異的腰痛は15%のみ。残り85%は原因が特定できない非特異的腰痛と呼ばれ、整形外科で有効な治療を望めない多くの患者が民間療法に流れているのが現状だ。

「医療の分野でこれだけの民間療法が繁栄している分野は、整形外科の痛みの領域以外にありません。整形外科で受ける痛みやシビレの診断や治療は間違っていることが多く、実際にほとんどのケースで根本的な治療ができていないのです」

そう話すのは、東京・巣鴨にある望クリニックの住田憲是院長。住田氏によると、一般的な整形外科におけるMRIなどの画像に頼った診断や治療が、そもそもの誤解の始まりだという。

「レントゲンやMRIでは、たとえば椎間板ヘルニアならはみ出した椎間板が神経を圧迫する様子を、脊柱官狭窄症なら狭窄した部分を、変形性関節症なら、関節軟骨のすりへりを目で見ることができます。多くの整形外科ではそうした画像を元に診断し、痛みがひどい場合は手術でヘルニアを切除したり、狭窄部分を広げたりという治療を行います。しかし、手術をしても痛みが改善されない人は少なくありませんし、MRIなどでヘルニアや狭窄症、すべり症、変形性関節症などと診断のついた人でも、まったく痛みの出ない人は数多くいます。つまり、腰痛、膝痛などの整形外科の痛みには、レントゲンやMRIではわからない根本的な原因がある。そうした痛みの根本的な原因を見つけて治療するのがAKA-博田法です」

住田氏がいうAKA-博田法は、国立大阪南病院の理学診療科医長などを務めた博田節夫氏が1979年から80年代にかけて開発を始め、現在も改良を続けている手技療法。AKAは関節運動学的アプローチ(Arthrokinematic Approach)の略語で、一つひとつの関節の内部を丁寧に動かしその動きを滑らかにすることで、痛みやシビレを治す治療法だ。

「AKA-博田法で特に注目するのが、正常な状態では1〜2ミリ程度動く骨盤の仙腸関節。この関節の内部が動かなくなると関節反射によって関連する筋肉が異常に収縮し、その収縮度の強い部位に腰や首、背中から手足まであらゆる箇所に痛みやしびれを引き起こしてしまう。逆にこの仙腸関節の動きを良くすると、従来の治療では取れなかったあらゆる部位の痛みを改善できることがわかったのです」

住田憲是
繊細で難しい技術を次世代に継承する

1992年に望クリニックを開業し、これまで30000人を超える患者をAKA-博田法で治療してきた住田氏。大半の患者は様々な治療を試みたものの痛みやシビレが改善せず、なかには他院ですすめられた手術を避けたくて、すがるように住田氏のもとに駆け込む人もいる。そうした整形外科難民ともいえる来院患者のうち、「AKA-博田法で仙腸関節の内部の動きをよくすることで、約9割の人に痛みやシビレの改善が見られます」と住田氏は話す。

日本AKA医学会の認定医・指導医であり、現在は同会の理事も務める住田氏が、AKA-博田法に出会ったのは1986年のこと。

「当時、勤めていた大学病院でも、手術をしても良くならない患者さんや、MRIでは状態がひどいのに痛みが出ていない患者さんはたくさんいました。そこで、これは何が本当の原因なのかと、欧米のカイロをはじめとする世界中の治療を見て回ったのです。しかし、やはり根本的な痛みなどの改善につながる治療法は見当たらない。そうしたなかで出会ったのがAKA-博田法。当時は不動関節と呼ばれてまったく無視されていた仙腸関節を、繊細な力加減で関節内部の動きを改善することで多くの整形外科領域の痛みやしびれが改善できると。満足する治療ばかりではなく、診断さえもできずに悩んでいた私にとっては、本当に長年の疑問が氷解する思いでした」

以降の数年間、住田氏は毎週、大阪の博田氏のもとを訪ねて技術を習得。同時に、指で関節内の1ミリに満たない動きを感知しながら治療する精巧な技術であるAKA-博田法を完全に自らのものにするには、数十年の歳月がかかるであろうことも覚悟したという。

「現在、日本AKA医学会にはドクターが約300名、理学療法士は1000名以上が所属していますが、AKA-博田法の熟練者は世界にまだ30数名ほどしかおりません。整形外科の痛みの多くの改善を期待できるAKA-博田法は、的外れな手術を回避するなど、画像に頼らない診断法としても不可欠なもの。習得が大変に難しい技術ですがなんとか次世代につなげるために、この治療ができる医師や理学療法士を、今後も粘り強く養成していきたいと考えています」

そう話す住田氏の息子である憲祐氏も、大学病院等での勤務を経て、従来の整形外科に不足する治療を求め、AKA-博田法の習得を決意。現在は父と同じく日本AKA医学会認定医、指導医となり、同クリニックや東京の巣鴨にあるスガモ駅前整形外科、千葉県流山市にある、のぞみ整形外科・内科クリニックで患者の治療にあたっている。

「AKA-博田法の治療は月に1〜2回、1回10〜20分程度で、繊細な手技療法なので高齢の方なども安心して受けられます。特に従来の治療で症状が改善しないという方には、MRIだけで診療された、的外れな手術を避ける為にも、手術の前にぜひお試しいただきたいですね」

どこへ行って、何をしてもよくならない痛みやシビレに悩む人にとっては、まさに救世主ともいえる画期的な治療法。AKA-博田法での治療を望むなら、ぜひその伝道師たる住田氏のような熟練者のもとを訪ねたい。

住田憲是

望クリニック 院長
https://www.nozomi-clinic-japan.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。