Powered by Newsweek logo

齋藤邦之
SAITO KUNIYUKI

齋藤邦之

株式会社磁気研究所 代表取締役

大切なデータを未来へ伝え残す、
めまぐるしく進化する外部記録メディアの専門商社
1970年代以降、コンピューターの急速な発展にともない、外部記録メディアもめまぐるしい変遷を辿りながら進化を続けてきた。その外部記録メディアを40年にわたり専門に取り扱ってきた商社は、この時代の変化をどう捉えるのか。
齋藤邦之
外部記録メディアの変遷とともに歩んだ道

株式会社磁気研究所(本社:東京都千代田区)は、1979年の創業以来、コンピューターの外部記録メディアの企画、製造、販売を主軸に置き事業を展開している企業だ。その国内市場占有率はトップクラスを誇り、ここ数年の年商は約80億円と安定して推移している。代表取締役の斉藤邦之氏は「小回りの利く企業だからこそ情報のキャッチアップが早く、進化のスピードに敏捷に対応し、次世代の記録メディアにマーケットをつなげていくことができている」と話す。

外部記録メディアとは、コンピューター本体の中にあるハードディスクに保存された文書ファイルなどのデータの受け渡しやバックアップなどに使用されるもので、CD-RやDVD、Blu-rayなどの光ディスクや、USB、SDカードなどのフラッシュメモリ、外付けHDDなど数多くの種類があり、それぞれの用途に応じて使い分けられている。いずれも軽量で持ち運びが可能であることから、現代の情報社会においては欠かすことのできないアイテムとなっているが、その形態は1970年代以降のコンピューターの飛躍的進歩に付随して、大きな変化を遂げてきた。

「前職の時からフロッピーディスクの販売に携わっていたのですが、みるみるうちに記録容量が増え、形も8インチから5インチ、3.5インチと次第にコンパクトになっていくのを間近に見てきました。今後この外部記録メディアがどんな風に成長していくのかを見続けたい、自分の手で大きくしたいという思いで当社を立ち上げ、それから約40年、外部記録メディア一筋にやってきました」
さまざまな種類の外部記録メディアを取り扱うほか、その成長とともに長い年月を積み重ねてきた企業だからこそできるサービスにも注力する。

「新しいハードウェアと外部記録メディアがどんどん開発され、進化していく一方、過去の製品は採算が合わなくなるとメーカーが製造をストップするんですね。古い外部記録メディアに保存されたデータを再現することができずに困っている方たちのために、当社の機材でデータ変換を行い、現在使用されているハードウェアで見ることができるようにするサービスを行っています。また、障害が発生した外部記録メディアをお預かりし、失われたデータを高精度で復旧するということもやっています」

同社には他の業者では復旧できなかったり、断られたりした案件が数多く寄せられるという。
「技術だけではなく、復旧させるための適切なツールがあり、そのオペレーションをちゃんとできる人間がいれば、ダメージを受けたデータを復旧させることは不可能ではありません。この業界に長く携わっていれば、過去の例を複合しながら解決に導くこともできます」

齋藤邦之
老舗の目で見つめる次世代メディアのその先

近年はコスト削減のためにクラウド・コンピューティングを導入する企業が増えており、インターネット上にデータを保存するクラウドストレージシステムの利用がトレンドとなっている。この現状について斉藤氏は「データは貴重な財産であるにもかかわらず、クラウドには保険のかけようがない。本当に大事なものは自己責任で保管するという領域は今後も変わらない」との見解を示す。クラウドは確かに便利なツールではあるが、セキュリティや障害発生時の復旧などはサービス提供者に依存せざるを得ない。

日本でも昨年、Amazon社のクラウドサービスがデータセンターの冷却システム停止によりストレージに接続できなくなるなどの事故が起きている。
「外部記録メディアにバックアップをとっておくことで保険の一つになる。事故に遭った方はその重要性を身に染みて感じているのでは」
大事なデータは複数に分散して、自社内で保存する。外部記録メディアの存在価値がいま再び見直されている。「どれだけ記録メディアの形態が変わっても、コンピューターの基本は二進法。次世代メディアに移し変えていくことで、大切なデータを未来に伝達することができるのです」と斉藤氏は力を込める。

今後は各種乾電池やモバイルバッテリー、機器用バックアップ電源など、人々の快適な生活と災害時の安心を支える必需品を取り扱うエナジー事業にも力を入れていくほか、データサービス事業としても、コンピューターのデータを完全消去する仕事などにも取り組む。中古パソコンなどのデバイスを再生して使うためで、年間3000万台から5000万台の需要があるという。

「記録メディア全般に関する問題を一つひとつクリアしていくことがビジネスにつながっていけば、大きな力をかけずに前に進むことができる。もちろん我々の領域で必要なことには挑戦していきますが、あまり堅苦しくは考えていないですね」
気張らず、気負わず、自然体で、あるがままに。40年続く同社の強さの秘訣が、そこにある――。

齋藤邦之

株式会社磁気研究所 代表取締役
http://www.mag-labo.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。