Powered by Newsweek logo

奴白光
NUHAKU HIKARU

奴白光

TRANCS 代表

独自に進化させた施術とトレーニングで
人々の価値と魅力を最大化させる
整体でもマッサージ店でもトレーニング施設でもなく、様々な分野で一流を目指す人々の駆け込み寺として創設されたTRANCS。単なる施術家にとどまらないアプローチで人々の身体の悩みに向き合う代表の奴白光氏に、その独自性の源泉となった現在までの歩みや理念、そして将来の夢などを聞いた。
奴白光
いまは亡き師の指導で、劇的に向上したパフォーマンス。

中学時代はボーイズリーグの強豪チーム、高校は甲子園常連校の野球部に所属。チームでは後にプロとなるような選手たちと切磋琢磨しながらも、自らはレギュラーの座を掴めなかった。現在は身体のプロとして活躍するTRANCS代表の奴白光氏は、そんなどこにでもいる野球少年だった。奴白氏が特別だったのは、幼い頃から抱き続けた「プロ野球選手になる」という夢を追い続けたこと。そして、その過程でいまも師と仰ぐ人物と出会ったことだ。

「高校時代からどれだけ努力をしても野球が上手くならず、大学でも野球部には入りましたが、実力はプロになるにはほど遠かった。当時から一流アスリートが通うジムなどにも通っていて、筋力だけを見れば後にメジャーリーグで活躍する選手よりも上でした。その選手も投手で自分も投手、筋力では上回っているのに、投げる球の速さはまったく敵わない。ずっと間違った方向で努力しながら悶々としているときに、ある雑誌で松本義光先生の記事を読んだんです」

故・松本義光氏は、武道の鍛錬に裏付けられた理論を持つ革新的なトレーナーとして知られた人物。当時、大学生だった奴白氏は、松本氏が主催する動作改善研究室の門を叩き、その日からマンツーマンで同氏の指導を受ける日々がスタートした。

「松本先生の理論は、力を抜いて全身を水のように緩めることをベースに、筋肉を細分化させた後に統合し、正しく動かせる身体の状態に戻していくというもの。実際に先生に指導してもらい、正しく動かせるようになった身体の状態でトレーニングや野球の動きをすると、どんどんパフォーマンスが上がっていったんです」

最終的に球速は、日本のプロ野球の平均球速を超える147キロにアップ。高校時代まではチームでも遅い方だったいう50メートル走のタイムも、某プロ球団の1次テスト合格基準の6秒3をクリアするまでに速くなった。とはいえ、挑んだプロテストは不合格。年齢的にも夢は諦めざるを得なかったが、このときの「劇的に野球が上手くなった」という経験がトレーナーとしての強みとなり、後のアスリート指導などに活かされていった。

「松本先生の指導をベースとし、その他にも数々の施術家の先生たちの技術や理論を取り入れ、独自に掘り下げて進化させたのが私のメソッド。身体の状態が変化することを知らない人が指導や施術をしても、決して理想の状態には届きません。対して私には、名人と呼ばれる先生たちの指導や施術を通じて、劇的にパフォーマンスが改善したり、痛みが無くなったりした経験がある。身体のプロとしては、そうした経験も大きな強みになっています」

奴白光
アスリートや経営者にも注目される独自のメソッド

プロ野球選手になる夢を諦めた後は様々な職を転々とするものの、恩師である松本氏の死を知り、その理論を残すべくトレーナーの道へ。そこから数年を経て完成させた独自の“奴白メソッド”については、「いわば年輪を1枚ずつ剥ぎ取って、子どもの頃の状態にまで身体を戻していくイメージ」と説明する。

「たとえば身体のどこかに痛みがあると、人はその部位が傷まないように身体をつくりかえてしまうんです。TRANCSの施術では、そうした怪我などによって変わってしまったメカニズムにまでアプローチして、徐々に最初の状態へと戻していく。人にも動物のように自然の状態があり、たとえばアスリートが身体をその状態まで戻してトレーニングをすれば、パフォーマンスは劇的に向上します。そうして身体を緩めて戻していくのと同時に、どの筋肉がどのような動きにつながるのかを知っていただくなど、身体との対話を通じて自分自身を研ぎ澄ませてもらう。それも私の施術の特徴です」

プロ野球界から注目されるドラフト候補生をはじめとするアスリートから経営者、歌手などのアーティストや難病を抱える人まで、幅広い層の顧客がTRANCSを訪れる。

「たとえば経営者の方なら、ビジネスの相手には『この人と仕事がしたい』と思ってもらいたいですし、部下などには『この人の話を聞きたい』と思わせたい。歌手や俳優の方なら舞台に立ったその瞬間に、100%のパフォーマンスが出せる状態にしておかなければなりません。そのためには身体をきちんと整えて、エネルギーがしっかり出せる状態にしておくことが重要です。そうしたトレーニングや身体の痛みへの対処、ダイエットなどのボディメイクなど、様々なニーズに応えながら、目の前の一人ひとりのお客様がより魅力的に輝くお手伝いをする。それこそが施術家としての私の使命だと考えています」

コロナ禍が続く現在は、「多くの人が亀のように縮こまってしまっている状態。だからいまはまず身体や頭を『起こす』ことが大事です」と奴白氏は指摘する。

肩書はMotion Composer。直訳すれば「動作の作曲家」となるが、そうした肩書のとおり、美しい動作ができるように人々の身体を作り直し、それぞれの顧客が求める価値や答えに届くようサポートする。

「将来的には様々な分野の知見を多角的に融合させた健康増進のための施設や、日本のアスリートが本気で世界一を目指せるようなスポーツアカデミーの創設にもチャレンジしていきたい」と大きな夢を語る奴白氏。

「自らの手で一人ひとりのお客様をハッピーにしていく。そうした一歩一歩が、私自身の大きな夢の実現へとつながっていくのだと思っています」

奴白光

TRANCS 代表
https://body-tuning.org/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。