Powered by Newsweek logo

久保周敬
KUBO NORIYUKI

久保周敬

リセリングクリニック内 大阪再生医療センター 総院長

大阪から世界中の悩める患者へ、
先端の再生医療技術をいち早く治療に。
人体のあらゆる組織に関わり、様々な疾病の治療の道を開く再生医療。その可能性の大きさは計り知れないが、治療の現場で実用化されている技術はごく一部といってよい。そんななか、大阪再生医療センターの総院長を務める久保周敬氏が自らの役割としてチャレンジするのは、日進月歩の先端医療と現場の「橋渡し役」だ。院内設備で細胞を培養し、歯槽骨再生をはじめとした治療を実施し、国内外から大きな注目を集めている。
久保周敬 ※画像はイメージです。
先端医療と現場の「橋渡し役」

大阪再生医療センターの内部には、歯科ユニットが設置された治療室とともに、CPC(細胞培養室)が設けられている。CPCの内に顕微鏡、シャーレなどが並ぶ独特の光景は、さながら大学の研究室のようだ。この場所で日々行われているのが、久保氏の名を一躍知らしめた、幹細胞を利用した歯槽骨の再生治療だ。

歯槽骨とは、歯茎の内部で歯を支える骨のこと。インプラント治療においてはインプラント体を固定する土台として機能するが、細菌により骨が溶けてしまったり、先天的に骨が小さかったりといった原因で、インプラント手術が不可能、あるいは失敗してしまう事例は数多い。

久保氏は、患者の間葉系幹細胞を自己血清入り培地で培養し歯槽骨を再生・移植する治療を実用化。インプラント手術をあきらめていた患者に治療の道が開けることから、連日、日本全国さらに海外からも悩める患者たちが訪れている。まさに再生医療の最後の砦といえる医療機関として、その存在感は日に日に増している。

そんな久保氏が提供する技術は国内外の医療従事者からの注目度も高く、欧米や中国、中東などでの講演やセミナーの依頼も後を絶たない。そのため自ら海外に出向き、同技術をグローバルに発信していくための啓蒙活動を精力的にこなすことも重要なルーティンワークの一つとなっている。

世界的に注目される先端医療に携わる久保氏だが、もともとは虫歯治療などを手掛けるごく普通の「街の歯医者さん」だった。激務ながら、地域の人たちに慕われ、頼られる仕事にやりがいを感じていたという。

久保周敬
世界中の人々の健康寿命を伸ばすために

そして、大きなターニングポイントが訪れたのは2006年。ある人の紹介で、東京大学幹細胞組織医工学客員研究員となり、再生医療に関する先端研究に従事する機会を得たことだった。

「研究員としての活動は、私の医療への認識を大きく広げてくれました。研究室には医科、歯科のほか物理学や組織工学などの優れた研究者が集結しています。細胞から三次元の組織を作り出す、まったく新しい医療技術を追求していました。未来の医療への限りない可能性を感じ、研究に没頭しました。そして研究を進めるうち、先端研究をいち早く治療の現場で使えるようにしたいという想いが強くなり、2007年に大阪再生医療センターを立ち上げたのです」

歯槽骨再生のほか、患者自身の細胞を利用した数々の治療を手掛けている同院。今後も、発展する医療技術に合わせ、治療項目を増やしていくことを目指している。その点において、歯髄幹細胞は重要な存在なのだという。

「歯科治療では、よく『神経を抜く』といいますが、歯髄とはその『歯の神経』のことを指します。歯髄は、身体の中で唯一、日常的で身体から取り出しをされていて、一部を取っても人体全体にほとんど影響がない組織で、大人の永久歯、子供の乳歯の中にも存在する神経です。特に乳歯は分化能が強く、歯髄の幹細胞を分化誘導することで、様々な組織を再生することができ、いわば細胞のハブとなってくれる存在と考えています。その歯髄幹細胞の培養の精度を高め、安定的に供給できるようになれば可能性は大きく広がります。私も臨床家として期待していますし、世界の皆様にも期待してほしいと思っています」

先端技術による未来の医療に思いをはせる久保氏だが、根底にあることは「街の歯医者さん」であった頃と何も変わっていないという。

「私が仕事にやりがいを感じるのは、目の前の患者さんが、口や歯の悩みが解消され喜ぶ顔をみること。実用化がまだ先になるような研究に携わるときも、常に、具体的に喜ぶ患者さんの顔を思い浮かべています。再生医療に携わるようになり、その対象が地域から全国、海外に広がりました。今後も、世界中の人々の健康寿命を伸ばし、元気で長生きする人を増やすため、私にできることを一つ一つやっていきたいと思っています」

久保氏の言葉は、「治す」ことへの根源的な喜びを感じさせる。医療従事者としての基本を忘れない、地に足の付いた挑戦だからこそ、その地平は限りなく世界に広がっていくのだろう。

久保周敬

リセリングクリニック内 大阪再生医療センター 総院長
https://www.ormc.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。