Powered by Newsweek logo

平田利行
HIRATA TOSHIYUKI

平田利行

株式会社ジージー 代表取締役

留学4.0構想は、
これまでの留学の常識を超える。
英語圏至上主義だった日本の語学留学に、フィリピンという新世界を開拓し新しい流れを作った株式会社ジージーの代表取締役・平田利行氏。多くの学生たちを海外に送り出していく間に、彼の仕事は単なる留学エージェントを超えていった。北欧の福祉教育プログラムや貧困問題の社会起業家と連携したプログラムなど、語学プラスアルファのスキルを身に着ける新しい留学を提案している。
平田利行
子どもたちの成長が企業の成長へ

留学は時代とともに進化してきた。古くは遣唐使、遣隋使といった国家レベルの留学、これが留学1.0。次に戦後、エリートレベルの学生が国費で学ぶ留学2.0。エリートだけでなく私費留学、高校生留学など多様化してきた現在は留学3.0の時代だと言われている。そして平田氏は、次の留学4.0を見据えたビジネスを展開しているのだ。

「語学や体験をする留学から、海外の教育システムを組み込んだ新しい留学を提案しています。例えば、デンマークが生み出したフォルケホイスコーレという教育システムがあります。これは自分探しの教育というか、自分が何になりたいかというところにアプローチする教育です。この教育を受けた子たちから社会起業家が生まれたりしていて、デンマークから北欧へ広がり、教育、社会福祉の面で世界一になっている理由のひとつだと思っています。必ずしも大都市が生み出すビジネスが人々に幸福をもたらしているわけではない。そういった教育プログラムを留学に組み込むことで日本も変えていけるのではと思っています」

新しい留学を生み出すうえで、平田氏は多様な人たちとのコラボレーションを推し進めている。例えばフィリピンの貧困問題を扱う社会起業家との共同企画では、貧困解決のために雇用を作り、流通を整えるといった実際の活動の中から研修を受ける。

「語学学校には英語を教えるツールがたくさんあります。しかし留学生のスキルアップのためには専門家が必要でしょう。僕らのもっている英語学習メソッドと彼らのもっている専門性とのコラボレーションで、新しい留学を提案していきたい」

そうした提案をさらに促進していくことで、社会と密接に絡み合った事柄を留学生が学んでくることも可能になる。また、そのフィードバックが日本にされれば、社会の変革も期待できるというのが平田氏の狙いだ。ただ学生を海外に送り出すだけでなく、その先に彼らの成長を見据えた新しい留学の在り方こそが、彼が考える留学4.0である。

「そもそも教育畑の人間ではない私ですが、年間二、三千人の学生を送り出すうちに、彼らの成長を見るようになったんです。私たちのビジネスとは英語力はもちろんですが、教育の機会を与えることだと実感しました。どういうものを提供すればいいか、それは100人いれば100通り。それぞれに合わせた留学プログラムを提供したいんです。企業として利益もあげるが、それ以上に子どもたちの成長を促したい。成長の機会を与え、掘り下げていくことが逆に当社の強みにもなるし、ビジネスの広がりをもたらすと思っています」

平田利行
留学プラットフォームの実現に向けて

多くの仲介業者を挟むため値段も高止まりし、旧態依然の体質が残るのが現在の留学業界だ。利用者が自分でホテルや航空券を手配できるようになった旅行業界と比べると、その差は歴然である。そうした留学業界を変えるべく、平田氏は次の一手を打とうとしている。

「留学の包括的な受け皿となるような大きなプラットフォームを作る計画です。語学学校、ホームステイ先、アコモデーション、アパートメント、さらに現地でのミートアップのためのコミュニティの紹介、今までエージェントにお金を払っていたものすべてを当事者が直接やり取りできるようなプラットフォームです」

例えば、これまでに同社が関わった留学経験者を通じて多様な情報提供が可能になれば、これまでにないプラットフォームの確立も可能になるだろう。「留学生にためになることならば何でもしていきたい」という平田氏の真摯な思いが、まだまだ開拓の余地がある留学業界に新たな一石を投じる可能性を秘めている。

「私自身もエージェントではありますが、ユーザーが安く的確に情報を得られれば留学エージェントは不要なんです。そのために私たちは教育プログラムの開発も進めています。留学に行ってなにをどう学ぶのか。そのヒントを与えていきたい」

平田氏は自社のもつフィリピンの語学学校でその計画を進めている。現地に250人いる英語講師が自前で作成するレッスン教材をすべてデータ化し、蓄積。そうすることで学習のコンテンツボリュームが圧倒的な量で増えていくことになる。

「単なる語学留学はあと10年20年でなくなるかもしれません。スキルアップのために長期間海外に住みながら問題解決能力を学ぶというのが主流になるはずで、これからは内容が問われてくると思います」

留学4.0の実現に向けて走り続ける平田氏。その原動力は日本の子どもたちへの思いである。
「日本の子どもたちのポテンシャルは素晴らしいものがあると感じています。だからこそもっともっと海外へ進出して、世界をかき乱してほしい」
子どもたちへ向けた大いなる期待は、自らが築き上げた新たな留学スタイルを通じて大きく花開くことになるだろう。

平田利行

株式会社ジージー 代表取締役
https://ggjapan.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。