Powered by Newsweek logo

林田康隆
HAYASHIDA YASUTAKA

林田康隆

医療法人社団康梓会Y’sサイエンスクリニック広尾 理事長

目から人々を元気にする、
眼科エキスパートの飽くなき挑戦。
林田康隆氏は、角膜などの再生医療の基礎研究、また様々な症例での目の疾病の手術を手がけてきた眼科のエキスパートだ。そして専門領域で業績を積んだ現在、開業医としてこれまで培った再生医療の知見を活かし、美容などエイジングケア治療にも取り組む。「見る」ことと健康の関係を考え続けた林田氏の挑戦とは──。
林田康隆
熱意ある人に導かれた医療者への道

父は医師、母方にも医師が多い家系で「幼い頃に風邪をひいたとき、祖父に注射してもらった記憶があります」と振り返るように、林田氏は物心ついた頃から医師の背中を見ながら育ったという。また、優秀で周囲から期待される兄、勝ち気で行動力があり、常に弟を叱咤激励する姉と、後にともに医師となる兄弟の影響も大いに受けた。

林田氏自身は、性格は引っ込み思案で勉強は苦手。人を見て影響を受ける性格で、医者になる意志も強くなかった。絵画や粘土での造形など美術への興味が強く、実際に芸術の分野に進みたいと家族に相談したこともある。

「そのときは家族から『絵が描きたければ、手塚治虫さんのように医師免許を取ってからいくらでも描けばいいだろう』とあっさり説き伏せられました。それだけの覚悟や才能がないことも見透かされていたんでしょうね」と笑いながら振り返る。

二浪して兵庫医科大学医学部に入学し、医師としての道を進みだした林田氏。自身の生きる道を決定づけたのは、医師免許取得後に眼科を選択し、トップクラスの研究者が所属する大阪大学大学院に入ったことだ。「私が眼科を選んだのは、今思うと、ずっともち続けた芸術など『見ること』の興味、探求心が強かったからかもしれません」。

大阪大学大学院では、のちに世界初のiPSによる角膜移植を成功させる研究者、西田幸二教授らとともに、角膜上皮幹細胞を用いた眼表面(角膜、結膜)の再建の研究に打ち込んだ。その後渡米し、フロリダ州マイアミのオキュラーサーフェスセンター研究助手として勤務。米国では複数の研究を同時進行で進めながら、毎朝、進捗を発表する緊張の日々を過ごした。「研究者としての毎日は心身共にきつかったのは確かですが、熱意あふれる先生方が、意志の弱い自分のレベルを引き上げてくれた」と、国内外の恩師、同僚への感謝の念は今も変わらない。

帰国後は、国立病院などで眼科医として難治性白内障手術や網膜硝子体手術などを数多く手がけた。また研究者としては口腔粘膜から幹細胞を採取し角膜に移植する動物実験を成功させるなどの業績を上げ、眼科医として、また研究者として着実にキャリアを重ねていった。

林田康隆
培った知見を「健康長寿」のために

林田氏は2016年、Y‘sサイエンスクリニック院長として独立する。クリニックでは、眼科医としての活動から、肌再生療法や脂肪幹細胞療法など、いわゆるエイジングケアの分野に進出した。共同代表はプラセンタ(胎盤)による治療・研究などで知られ、美容分野の医療を専門とする、姉の日比野佐和子氏だ。

林田氏が眼科のみならず、新たな分野での挑戦を決意したのは理由がある。これまで研究してきた幹細胞を中心とした再生医療の知見を、世の中に還元することができないかと考えたからだ。

「眼科の研究や手術だけに集中したほうがよいのではないかと迷いもありました。しかし、眼科分野の再生医療は未だ承認されていないものも多く、幹細胞などの再生医療でできることを提供してみたいという気持ちになりました。一般の方に関心の高い、美容など『見た目』の分野を含め、超高齢化社会に突き進む日本において、人々の『健康長寿』のため、外面も内面も美しく、健やかになる治療を追求したいと思っています」

また、眼科医としても新たな試みがある。総合病院やクリニックで手術や診療を行いながら、自著やテレビなどの一般メディアで、目の機能回復やケアについて情報発信することだ。とくに意識して見ることの大切さを謳った『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』などのシリーズ著作は、累計60万部に及ぶベストセラーに。このような活動もまた、林田氏独自の「目」への想いの表れだ。

「人間は目で外界からの情報の大半を得て、その情報を脳で処理しています。そして極論すれば、健康や幸福を感じるのもすべて脳の働き。現代人は『見える』を当たり前に考えて目を酷使していますが、それは体全体の健康にとって危険な行為です。目を健やかに、美しいものを見ることで、視覚から健康にフィードバックする方法があるのではないか、と考えて活動しています」

林田氏のこれまでの歩みは、美しい芸術や景色を見て感動したり、魅力ある人を見て影響を受けたり、家族、また患者と目を合わせ相互に理解、信頼しあったりといったことが原動力となった。彼の「目」に映るすべてのものが、医療者としての広範な活動、チャレンジとして実を結んでいるように思える。

林田康隆

医療法人社団康梓会Y’sサイエンスクリニック広尾 理事長
http://yss-clinic.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。