Powered by Newsweek logo

原口未緒
HARAGHUCHI MIO

原口未緒

弁護士法人未緒法律事務所 弁護士

女性が笑顔でいられる社会であるために
人に寄り添う離婚問題のプロフェッショナル
労働問題や相続、交通事故などのトラブルと並び、民事事件において弁護士の関与が増えているのが離婚などをはじめとする夫婦間の問題だ。最近では離婚問題を専門に扱う弁護士や法律事務所も増えているが、なかでもメディアから“円満”離婚弁護士として注目されるのが、未緒法律事務所所長の原口未緒弁護士。法ではなくとことん人に寄り添う−−。原口氏が体現する、そんな新たな弁護士像に迫った。
原口未緒
それぞれの心のうちにある“円満”とは?

日本では毎年20万組以上の夫婦が離婚する。結婚歴や世代などを問わず、夫婦であれば誰にとっても離婚問題は対岸の火事ではないだろう。最新の弁護士白書(2019年版)によると、夫婦の問題が裁判所にもち込まれた“夫婦関係調整調停事件”の数は、2018年には43,286件あった。そのうち弁護士が関与した割合を見ると、半数を超える約51.7%。約10年前までその関与割合が20%台で推移していたことを考えると、いまや離婚問題を弁護士に相談することは、多くの人にとって当たり前になっているとも言えそうだ。

同時に、最近では離婚問題を専門的に扱う法律事務所や弁護士も増えているが、なかでもその活躍と異端ぶりで大きな注目を集めているのが、“円満”離婚弁護士こと原口未緒弁護士だ。

原口氏は2002年に、難関の旧司法試験に五度目の挑戦で合格。司法修習を経て2004年に弁護士となった。弁護士を目指した理由は、「満員電車に乗りたくなかったから」。「会社勤めじゃない仕事は何かと考えたら、父のような弁護士しか思い浮かばなかった」と、屈託なく笑う。
 
弁護士としての新人時代は東京の中規模法律事務所に勤め、30歳の時には一度目の結婚を経験。お相手は裁判官で、浪人時代に知り合った勉強仲間だった。しかし様々なすれ違いもあり離婚し、その後は北海道の紋別へ。弁護士過疎地域を支援する取り組みとして日弁連が公設した紋別ひまわり基金法律事務所に、4代目所長として赴任した。

「流氷が流れてくる田舎町でしたが、人口4万人の地域に弁護士は私だけ。当時はブームになっていた過払い金の問題から刑事事件まで、依頼者のためにあらゆるトラブルに対応する。まさに弁護士の原点のような経験をさせてもらいましたし、二度目の結婚したのもこの頃。相手は、私が弁護した刑事事件の被告人でした」と原口氏は話す。

二度目の結婚を機に札幌へと移り自らの法律事務所を開設するが、結婚生活自体は約1年で破綻。しかしこの頃に原口氏は、二度の離婚という自らの経験を活かし、離婚問題を強みとする弁護士になることを決意する。

「私の両親も離婚しているのですが、夫婦関係が悪くなったのは私が中学生の頃。母は別れたくなかったのですが弁護士の父と裁判になり、これ以上は長引かせても仕方がないということで、泣く泣く離婚に応じるといった形でした。弁護士として何がしたいかと考えたとき、そんな母のような人の助けになりたいなと。母は今も父との離婚について納得していませんが、もしかすると彼女が納得できる他の形があったのかもしれません。これは他の依頼者の方にも言えることですが、法律ではこうですよ、慰謝料の相場はこうですよなどと言われても、すべての人がそれで納得できるわけじゃない。あのときの母にとって、何が納得できる形だったんだろうと考え続けるのと同じように、依頼者に寄り添いながらそれぞれの納得に導いていく、そんな弁護士になりたいと考えたんです」

原口未緒
より深く人を知るために、他分野の学びを活かす

一人ひとりの依頼者にとって最も納得のいく解決を−−。それを実現するために原口氏が重視するのが、心理学やカンセリングなど法律以外の学びだ。
「私は3度目の結婚と離婚も経験しているのですが、その頃からスピリチュアルカウンセリングなどを学ぶようになりました。最初は自分のために勉強していたのですが、依頼者の本音を引き出すなど、弁護士業でも使えるのではないかと思うようになって。以降は、経営者の方たちに混ざってコーチングや心理セラピーのトレーニングに通ったり、人の心理やカウンセリングに関わる様々なことを広く学ぶようになったんです」

2014年には札幌から東京へと移転。現在、表参道に事務所を構える未緒法律事務所には、他の法律事務所を経由して多くの依頼者が訪れる。
「特に離婚問題などでは、法律を杓子定規に当てはめられても納得がいかないという方が多くいらっしゃいます。その点、当所は西洋医学だけでなく漢方もあって、依頼者の方に応じてカスタマイズ診療をする病院のようなもの。『法的にはこうですから、どうするか考えてきてください』で終わりではなく、会話をしながら依頼者の深層心理まで降りて、本当はどうしたいのかを引き出していく。当然、報酬だけを考えれば、早く離婚を決めてもらって慰謝料を請求してと、流れ作業のようにする方が法律事務所にとってはいいと思います。でも、何が依頼者にとってベストかは顔を見ればわかりますからね。著書にも書きましたが、離婚問題は心の整理ができれば9割は解決します。そうした心の整理をゆっくりと向き合ってお手伝いしたい。ある意味では弁護士らしくないかもしれませんが、法律に振り回されるだけじゃなくて人間に寄り添う。そんな弁護士がもっと増えてもいいのではないでしょうか」

2016年には出産を経験するも4度目の入籍はせず、現在は1児のシングルマザーとしても奮闘中。同年、著書『こじらせない離婚』が出版され評判となり、テレビや雑誌、Webなどのメディアに出演する機会も増えている。

「たとえば男性の浮気などの原因として、妻がいつも不機嫌だから家に帰りたくなくなったという話をよく聞きます。家庭で女性がいつも笑っていられたら、夫も子どもたちも、つまり社会全体が幸せになるはず。だからこそ、日々の相談を通じて少しでも多くの女性を笑顔にするお手伝いがしたい。それが私の弁護士としての使命だと思っています」

原口未緒

弁護士法人未緒法律事務所 弁護士
https://mio-law.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。