Powered by Newsweek logo

天野貴三
AMANO TAKAMITSU

天野貴三

株式会社天野産業 代表取締役社長

循環型社会を支えるインフラとして、
廃電線のリサイクル業界を認知させたい。
廃電線などを工事現場から引き取ってリサイクルする株式会社天野産業は、この数年で急激に業績を伸ばし、業界内でも注目を集めている。今でこそ年商30億円を超える企業となったが、代表取締役社長の天野貴三氏が父から事業継承したとき、経営はどん底の状態だった。業績を急回復させ、大手の一つに数えられるほど成長を遂げ、現在は業界の連携を深める活動にも力を入れる、天野氏のビジョンとは――。
天野貴三
サービス面での差別化、遠回りでも正攻法

電線リサイクル業は、長らく社会的地位の低い業界であったという。天野氏が営業職として入社したときも、その空気は業界に色濃く残っていた。天野氏は、当時をこう振り返る。「電線リサイクル業界は決して良いイメージがありませんでした。約束を破る人も多く、誠意も感じられない。一方で、縄張り意識だけは強い業界でした。同業者から軽んじられることもあり、違和感だらけのスタートでした」

厳しい状況下だったが、天野氏はひたむきに働き始める。代表取締役社長に就任して以降、組織づくりと並行して、コンプライアンスを策定。そして、サービス業としてのホスピタリティを社員に浸透させながら、競争社会の中で生き残れる体制を整えていった。

結果、会社の業績は順調に回復。地元・千葉県内では、9割のシェアを獲得。さらに、関東、東北、北海道、中部、関西、そして中国地方まで取引先を広げることにも成功した。旧態依然とした業界で、取引先を一気に拡大するのはハードルが高かったのではないか。尋ねると、天野氏は笑って、こう答えた。

「電線リサイクル業は地元意識が強く、地域外の業者は新規参入しにくい。それぞれに独自のカルチャーがあって、外から入ってきた業者が単価競争をしかけたら当然のように波風がたつ。こうした軋轢を避けるためにも、我々はその土地の相場に合わせた金額設定でビジネスを展開しています。地域に受け入れてもらいながら、仕事を増やしていくイメージです。人柄、営業努力、料金設定といったことではなく、サービス面でしっかり差別化を図ることで、営業部員も充実感を感じることができる。遠回りに見えますが、このスタイルで獲得した取引先とは、継続的なお取引になるケースが多いのです」

同業他社との共存共栄の精神で、関東のネットワークを築いていった天野産業。ここ数年は、その人脈を生かし関東の同業者が一堂に会する機会を設けることにも成功した。業界初となる電線リサイクル同業者会議の開催である。外資の参入など、業界の存続にかかわるような問題について、率直に話し合った。

「当初は、不相応ではないかという思いもあったのですが、2年前、同業者が廃業するのを見て迷いが消えました。業界として手を取り合っていれば、廃業せずに済んだかもしれない。同業ですから、競争相手であることに変わりはありません。ただ、業界としては、外資の参入、後継者問題など大きな問題を抱えている仲間です。争うのではなく手を取り合って助け合う必要があるのではないでしょうか。コンプライアンスの規約を作り、ブランディングを進め、業界全体としてワンランク上を目指す一翼を担っていきたいと考えています」

天野貴三
加速していく循環型社会を支える会社と業界

業界の古い体質を変えるために、やるべきことは沢山ある。天野氏は、自社の様々な業務のデジタル化を推進しており、電子証明書などが発行できるシステムも導入している。

「業界として、デジタル化は以前から課題の一つでしたが、初期投資の負担、マンパワーの問題などもあり、なかなか進まなかった。そこで、まずは自社で手掛けるシステムを、汎用性の高いものにして、完成したものを同業のみなさんにも使ってもらう。システムを作り込んでいくのは大変ですが、専門家の力を借りて、少しずつ進めているところです」

経営者としての社内改革、業界の未来のために果たすべき役割。天野氏の頭には、やるべきことが山のようにあるが、一つずつ着実にタスクをこなしている。さらに、その先に見据えているのは、天野産業のホールディングス化だ。東西の支社に分社化し、リサイクル業のほか不動産など、新しい事業にも着手する構想がある。

「自ら動いて、事業にスピード感を出したい。私たちの業界は発展途上、そして拡大傾向にあります。業界としてブランドを確立し、電線リサイクル業は魅力があって、やりがいのある仕事だと伝えたい。特に若い人たちには、我々の事業が循環型社会にとって必要であり、将来性のある魅力的な仕事だと伝えていきたいですね」

企業経営に全力を傾ける天野氏だが、将来の夢は意外にも「問題を抱える子どもたちのための、支援ホームの開設」だという。どんな活動に着手するにせよ「人のためになることを一生続けていきたい」という思いが、根底にある。

電線リサイクル業界の発展のため、より良い社会を作るために、挑戦を続ける天野産業。共存共栄の精神で電線リサイクル業のシフトチェンジを思い描く、その動向から目が離せない。

天野貴三

株式会社天野産業 代表取締役社長
https://www.amano-recycle.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。