Powered by Newsweek logo

鈴木修一
SUZUKI SHUICHI

鈴木修一

株式会社Neo 代表取締役

幅広い人材を育成していくなかで、
建築業界の新しいあり方を提示したい。
建築業界では、人材不足が深刻な問題となっているが、この問題と真摯に向き合い、業績を伸ばしている会社がある。
鈴木修一
職人の社会的な認知度を上げ、地位向上を図る取り組み

神奈川県を中心に、主に新築戸建て住宅の外壁や屋根などの外装工事を手がける株式会社Neo(ネオ)。同社を2016年に設立した代表取締役の鈴木修一氏によれば、就労希望の人材は沢山いるが、それをきちんと活かせていないことが問題の原因だという。

「建築現場の職人さんに対して、粗野な人が多いという印象をもっている方もいらっしゃると思いますが、当社で働く人材はよい意味で建築業界らしさを感じさせない人材ばかりです。もちろん技術にも自信はありますが、弊社の人材がクライアントである元請け業者さんたちから親しまれているのは、人間的な側面も大きいと思います」

幼い頃から社長になることが夢だったという鈴木氏。建築業界に入った理由は、手っ取り早く起業のための資金を稼ぐためだった。しかし仕事をするうちにその面白さ、奥深さに惹かれ、いつしかこの業界で起業し、同時に業界の未来のために、変革を促していきたいと思うようになった。

「一般的に我々のような内外装の業者は、社員の他に専属の親方職人を起用して施工を行います。職人さんはフリーランスなので、税金や社会保険料、年金などは個人で管理する必要がありますが、この管理が杜撰な方が少なくない。インフラ整備のために職人さんはどうしても必要なので、これまでは厳しく指摘されてこなかった部分があったのかもしれません。ただ、胸を張って仕事を続けていただくためには、こうした部分から変えないといけないと考え、当社が依頼する親方職人には理解してもらっています」

税金、保険、年金などを理解し、必用な手続きをする。こうした事務作業を疎かにせず、社会の一員としての自覚をもつことが、建築業のネガティブなイメージを払拭する第一歩だと鈴木氏は考えている。同時に、人材育成についても、改善の余地があるという。

「当社は現場に職人たちが複数名で入ります。1人あたりの収益は低くなりますが、ケガや事故のリスクを減らすことができるメリットは大きいし、経験の浅い職人も、先輩の近くで多くを学ぶことができる。人材育成は、建築業界の大きな課題の一つです。体を使って仕事を覚えることも大事ですが、理屈を知っていればすぐに習得できることもあります。上達のスピードを上げるためには、分かりやすく説明できる人と、教える時間が必要です。設計以外の建築業は力仕事のイメージが定着しているように感じますが、実際には頭の柔軟性や発想力も求められる。業界全体として、学ぶことに対する意識改革が必要なのかもしれません」

鈴木修一
ベトナム人の就労斡旋を通じて新たな人材を育成

起業当初は、こうした鈴木氏の考えに対して、周囲の反発も大きかったという。「親方さんたちも、自分たちがやってあげてる、という態度でしたが、業績を伸ばし続けていくうちに、少しずつ空気感が変わってきて、話を聞いてもらえるようになりました」

職人の働く環境を整え、地位を上げることで、建設業界で働きたいと思う人材を増やす。優れた人材が育ち、業界が活性化すれば、職人の技術の衰退を防ぐことができると考える鈴木氏は、今年から新たな取り組みを始めた。ベトナムからの人材の斡旋だ。

「ベトナム人の日本企業への就労斡旋などを行う株式会社T.G.Tを買い取り、子会社化しました。以前から、組合を通じてベトナム人実習生は受け入れていたのですが、彼らは学生なので長くて3年で帰国してしまう。清掃業などと比べると建築業は技術習得に時間がかかるのに、中途半端な状態で帰国するのはもったいないなと感じていました。また、私は消費税増税が決定した段階で景気が落ちると読んでいたので、当分の間は外壁工事が増えない可能性もある。事業を拡大するためには、何か別の分野に挑戦する必要性を感じていたとき、知人だったT.G.Tの社長から買い取りの打診を受けたのです」

T.G.Tにおける役割は営業マンです、と笑う鈴木氏。適切な指導を行ってくれると見込んだ建築会社や親方に人材を紹介していくことから始めていく。

「建築分野で先行して、いかに人材の質を高めていくことができるか。この5〜10年が勝負だと思っています。我々の親世代では、まだ外国人に対して偏見をもっている方もいますが、建築現場のスタッフとして、日本人と同等レベルの作業ができるようになれば、次の世代には外国人が建築現場にスムーズに入ってくることができるはず。株式会社Neoでも6月からT.G.Tを通じてベトナム人の事務スタッフを採用しましたが、とても優秀です。応募の際の姿勢からして、本気度が違います」

将来的には、マルチリンガルの人材を活用して、海外進出したいという鈴木氏。「土地があり、人が住んでいるのは日本だけじゃない。私のモチベーションは、目標を立て、それに挑戦し、達成すること。これからもひらめいたことを形にしていきたいですね」

鈴木修一

株式会社Neo 代表取締役
https://www.neo-yokohama.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。