Powered by Newsweek logo

宮本隆
MIYAMOTO TAKASHI

宮本隆

株式会社宮本製作所 代表取締役

マグネシウムの計り知れない可能性を活かし、
暮らしや健康に役立つ商品を届けたい。
洗濯機に入れるだけで、洗剤を使わなくても衣服の汚れを落とすことができる、株式会社宮本製作所の「洗たくマグちゃん」シリーズ。メッシュ状の袋に入ったマグネシウムの粒が洗浄力を発揮し、化学物質の洗浄剤を含まないため排水面でも環境にやさしいのが特徴だ。サステナビリティが求められる現代のニーズにマッチして、2013年の発売以来、販売累計630万個を超えるヒット商品となっている。
宮本隆
下請けからの脱却を目指す過程で出合ったマグネシウム

「ここ2年の年商は、20億円前後にまで伸びました。21年は、倍となる40億円を目指しています」と語る、代表取締役の宮本隆氏。現在はマグネシウムに特化したものづくりを行っているが、1965年の会社創業時は、自動車の機械部品の加工が専門だった。

「創業者である父は、機械部品メーカーの出身。私が高校1年生の時に中古旋盤を25万円で購入し、自宅の庭に作業場を建てて独立したのです」

腕利きの金属加工職人だった宮本氏の父は、高品質の部品づくりに定評があり、単価の安いものでも十分に利益を出すことができた。創業当初は車がなかったため、宮本氏は学校が終わった後によく自転車で納品を手伝ったと言う。家業が身近だった宮本氏にとって、卒業後に父の会社に入るのはごく自然なことだった。

その後順調に成長した同社は、高度な加工技術を要する部品づくりにますます磨きをかけていった。射出成形機用のピストンリング、自動車の新型エンジンの試作パーツなど、他社がなかなか極めることのできない部品を製造することができたため、メーカーからのコストダウン要請に悩まされることも少なかった。安定した業績に一定の満足を覚えていた宮本氏だが、いっぽうでは危機感も募らせていた。

「いつまでも下請けのままでは未来がない。自分で価格をつけられる、イノベイティブな仕事をしないといけないと感じていました」

宮本隆
マグネシウムが持つ秘めた可能性を活かしていきたい

父の他界に伴って会社を引き継いだことを機に、宮本氏は自社製品の開発・販売にシフトした。独自性を出すために用いたのが、かねてから注目していた素材であるマグネシウムだ。

マグネシウムは金属元素ながら、比重が1・74と炭素繊維なみに軽い。宮本氏はまず、その軽さを生かした部品やゴルフパターなどを開発したが、思うように売れなかった。前途多難な出発で、売上はそれまでの半分に落ち込んだという。

だが、試行錯誤を繰り返すうちに、モノを軽量化すること以外の用途が見えてきた。マグネシウムを入れた水は酸化が抑制され、藻やボウフラが発生しにくい。そのことに気づいた宮本氏は、熱帯魚の水槽に敷く砂利にマグネシウム粒を混ぜた「グッピーストーン」という製品を開発。

さらに、洗濯に使えるのではというひらめきから、トライ&エラーを重ねて完成したのが洗たくマグちゃんだ。とはいえ、発売後数年はさっぱり売れず、一時は権利の売却も検討したほど。商品の画期的な力を信じて営業を続けるうちに、徐々に口コミで評判が広まり、ヒットにつながった。

洗たくマグちゃんの仕組みはこうだ。洗濯槽に入れると、高純度のマグネシウムが水と反応して、水素を含む弱アルカリ水に変化。弱アルカリ水が、洗濯物の皮脂汚れを分解し、すっきり落としてくれる。また、洗濯槽やホースの汚れまで付きにくくしてくれると評判だ。

「開発当初は、こうしたメカニズムを理解していなかったのですが、実験を重ねて少しずつ明らかになっていったのです」

さらに、複数の提携農家と連携し、使用済みのマグちゃんや洗濯排水を農業にアップサイクルする試みにも注目したい。マグネシウムは、動植物の生命活動に必須なミネラルのひとつでもある。洗濯排水はマグネシウムのほか、窒素、リン酸、カリウムという農業の三栄養素を含むため、植物に与えればそのまま養分となる可能性を秘めている。提携農家ではこの洗濯排水を使用し育てた有機米や野菜を研究中だ。

環境に優しい循環型社会の実現を目指し、SDGsへの貢献を重視する同社は、目標達成に苦労している他企業への提案も積極的だ。

「洗たくマグちゃんを福利厚生として社員のために購入していただければ、その一助になります。そこで『マグちゃんでSDGsしませんか?』と、様々な企業に呼びかけています」

さらに、マグネシウムにはまだまだ秘めた可能性があると宮本氏は言う。例えば近年、糖尿病、認知症、うつ病などにマグネシウム不足が関係しているという研究報告があり、医学的にも栄養学的にも、マグネシウム摂取の重要性に対する認識が高まっているのだという。

「今後は、健康分野の商品開発を積極的に行います。すでにお湯をまろやかにするマグネシウムの入浴雑貨を発売し、クッション材にマグネシウムを混ぜた枕の特許も取得しました。マグネシウムの力を活かして、人の健康に大きく役立つものをつくっていきたいですね」。こう語る宮本氏の眼差しには、果てしない夢と希望が宿る。

宮本隆

株式会社宮本製作所 代表取締役
http://www.miyamotoss.co.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。