Powered by Newsweek logo

木村護
KIMURA MAMORU

木村護

株式会社伸光テクノス 代表取締役

廃棄物の再資源化技術で、
持続可能な循環社会に貢献する。
海洋汚染の原因となる廃プラスチック削減に世界的関心が高まっているが、木村護氏が目指すのは、削減の先にある「廃棄物ゼロ」。それは、ほとんど廃棄物を価値ある資源に変える挑戦によって実現する。
木村護
地球の再生力を高めるために

数々の環境関連機器を開発・製造し、企業や公的機関から注目される伸光テクノス。同社の代表取締役を務める木村氏は「あらゆる廃棄物は再資源化できます」と強調する。

その主力機器の一つが「加水分解装置」だ。食品ロスやプラスチックごみ、汚泥、畜糞などを200℃以上の水蒸気で圧力をかけ分解し、肥料や燃料を作る。使うのは水のみ。焼却をしないため、二酸化炭素やダイオキシンは発生しない。

同じく「油化還元装置」は、プラスチックなどの原油由来品を約600℃の熱で分解し、液体燃料、可燃性ガス、炭化物を生成。ガスを冷却し質の高い油を作るそのプロセスは、子どもの頃に理科の実験で行った、水を沸騰させ、水蒸気を冷やし真水を作る「蒸留」を思い起こさせる。

むろん技術は高度に専門的なものであり、簡単に説明できるものではない。しかし木村氏が語る言葉は明快で、聞く者を惹きつける力がある。

「ご存知の通り、プラスチックは石油から作られます。そして石油は動植物の死骸などが地中で時間をかけて変化したもの。豊かな土壌も、循環する自然のメカニズムで生まれました。それならば人間が出した廃棄物も、油や肥料などの資源に戻せるはずだというのが基本的な考え方です。地球には再生する力があります。資源が枯渇したり環境が汚染されるのは、再生力よりも人間が自然を破壊するスピードが速いから。私たちの技術は、人間の知恵で地球の再生力を高め、これを逆転させようというものなのです」

同社の技術にまず着目したのは、諸外国、とくに途上国だった。中国をはじめ、インドネシアやベトナム、タイなどの企業で、加水分解装置、油化還元装置の導入が進んだのだ。最近では、産油国であるサウジアラビアからの引き合いもあった。

「途上国は廃棄物の処理費用が安く、再利用のメリットがないため、ごみが埋め立てられるしかないという構造的な問題がありました。当社の機器は比較的低コストで導入できて、しかも生成した質の高い石炭代替品や堆肥を収入源にすることができるため、ビジネスとして有用であると認められたのです」

しかし、地球上の廃棄物の多くは、日本を含む、大量生産、大量消費を実現した国々によるもの。木村氏は、日本の廃棄物処理の在り方に疑問を呈す。

「日本のごみ処理は、汚いもの、臭いものを燃やしたり埋めたりして、目に見えなくするという発想が根強いのではないでしょうか。大量の廃棄物という未利用資源がほとんど活用されないまま、外国から石炭や天然ガスを買っている現状を少しでも変えていきたいと考え、活動してきました」

木村護
廃棄物ゼロを目指した様々な取り組み

そして今、世界的な廃棄物削減への関心の高まりとともに、国内でも潮目が変わっているのを感じている。

「例えば、ボイラーを利用する会社に『御社から出る廃棄物の一部は燃料になります』と提案すると、コスト的なメリットのほか、その社会的意義を理解し、強い興味を示してくれる会社が増えました。海外での売上が多かった当社の機器が、今改めて日本企業に認められつつあるのです」

木村氏の再資源化への思いは、循環社会の実現という、地球規模の課題への使命感とともに、自社の持続可能性を考えて生まれたものでもある。

「当社の所在地である私の故郷、愛知県一宮市は、日本の近代化後、ウールの産業で栄えました。父も羊毛関係の機械の企業を経営していて、私も子どもの頃、父の仕事を手伝った思い出があります。しかし一宮のウール産業は、化学繊維の登場や日本の産業構造の変化により衰退。その光景を目の当たりにしてきた私が、経営者となってまず考えたことは『絶対になくならない仕事とは何だろうか』ということでした」

業態に関わらず、多くの場合、廃棄物は発生するもの。そして人間が生きている限りは排泄され続ける。それらを再資源化する技術は人の営為がある限り、社会から必要とされ、永久になくなることはない。その確信が、数多くの失敗を経ながら同社の事業を力強く導いてきた。

「現在のビジネスは、10年前に思いついたアイデアが形になったものです。ということは、今構想している技術は、次世代に働く人の仕事を作り、十年後の社会のためになる。真の『廃棄物ゼロ』を目指す技術開発に積極的に投資し続けるからこそ、企業が永続していくのだと思っています」

生き生きと企業の未来を語る木村氏、最後にこう付け加えた。
「思えば、ずっと好きなことだけをやってきたように思います。毎日が本当に楽しい。私は宇宙一の幸せ者だと思っているぐらいです」

持続可能であることは、未来の希望を語れること。そしてそれは、何よりハッピーなことなのだ。

木村護

株式会社伸光テクノス 代表取締役
https://www.shinko-mfg.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。