Powered by Newsweek logo

川村英之
KAWAMURA HIDEYUKI

川村英之

株式会社グリーンランド Founder&CEO

お金で買えない本質的な成功を求め、馬鹿正直に仕事する
リフォーム、新築、ガーデン、不動産など、住まいに関する事業を千葉県内で展開しているグリーンランド。同社の強みは、OB客からのリピート・紹介受注が圧倒的に伸びていることだ。顧客の心をつかんで離さない、その仕事の裏にあるものとは。
川村英之
先立つものは義理と心。結果は後からついてくる

「“心が通った仕事をしていれば、お客様は必ず戻ってくる、まわりに紹介もして頂ける”という思いで仕事をしています。社員には『お金では買えない本質的なものを得ることこそが、成功である』と話しており、リピートや紹介を頂けることもそのひとつであると考えています」
そう語るのは、代表の川村英之氏。2003年に1億6000万円だったリピート売上は、今では7億円まで上がり、紹介からの売上は3億円に及ぶ。全体売上の3割がOB客から発生している計算になる。

職人との絆が強いことも、同社の強みだ。創業当時に親方と交わした「絶対に仕事を切らさない」という約束を23年間果たし続けており、そこには“職人は下請け”という主従関係はない。おかげで、過去に経営が傾いたときも、職人は逃げずに共に戦ってくれた。
人情や絆を大切にしていれば、金銭的なものは後からついてくる。一見古いように思える考え方だが、それが正解かどうかは、今のグリーンランドを見れば明らかだ。

川村氏は経営者として、社員がまだ知らない自分に出会う機会を作ることを大切にしている。
「人は『自分の可能性はこれくらいかな』と、枠を狭く設定しがちなので、私は社員のその枠を広げたいのです。仕事をしていると、お客様からのクレームや人間関係のトラブルなど、ショッキングな出来事が起こりますが、それにどう向き合うかによって成功するかゼロに戻るかが決まります。私は彼らと問題をうまく向き合わせて、気付きを与える手伝いをしていますね。また、育った環境や名前から作られた固定観念を壊して欲しいという思いから、弊社では本名ではなくオフィスネームで呼び合っています。もちろん、私のことを川村社長と呼ぶ人は一人もいないですよ」

周知の通り、建築業界には今も昔もグレーな体質が横行しているが、そんな環境に身を置いても、川村氏は決して流されることはない。
「フェアじゃない人たちと同じ土俵には乗りません。社員には『馬鹿正直に仕事しなさい』と言っていて、私自身、嘘もお世辞も言わないです。社内では、立場関係なく正直に意見を言わせています。世の中の会社はそんなことは許されないでしょうが、うちの会社はそれでOK。私はその意見のすべてに納得していますし、上から見ていたのでは気付かない問題点を率直に知ることができています」

川村英之
仲間と支え合い、生まれ持ったミッションを達成する

広い視野で問題を捉える意識が高い川村氏。同社の商品である住宅にも、新たな課題を見出している。
「建築と医療は非常に密接な関係がありますが、今は完全に分離されているので、そこに手を打ちたいと考えています。医療の仕組みを変えるということではなく、家作りから健康にアプローチしていきたいのです。例えば、家は目に見えないモノが体に悪影響を及ぼしていることが多いのですが、カビはその最たるもの。表面は綺麗に見えても、壁や床を開けたらカビだらけ、ということはよくある話です。カビ胞子を吸ってしまい、風邪でもないのに咳が止まらない人は沢山います。家が原因で健康を害することがないように、高品質で安全な家作りを徹底していくことから始めたいと思っています」

最新のツールを柔軟に取り入れた働き方改革も模索中だ。運送業界や介護業界もそうであるように、これからの建築業界はIT化が進んでいく。住宅を建てる過程では、一人が担う業務が多岐に渡るので、それらを分業し、使える部分にはITを使い、クオリティはそのままに業務効率を上げて、社員の負担を減らしていく。実際に、ITを活用することで残業時間を1/10にさせた住宅企業があり、それを参考に自社システムの改革も進める予定だ。

かつて経営状況が悪かったとき、退職者が続出。風評被害も多発し、本当に辛い思いをした。そんなとき、ある一般社員から「皆の前で、絶対に会社をつぶさないと言ってください」と言われ、全社員の前で泣きながら宣言したことがあった。
「今その社員は常務にまで昇進して、一緒に切磋琢磨しています。彼のあの一言で覚悟が決まり、良い方向に変わっていきました。仲間に支えられて、今の私とグリーンランドがあります」

「人間は皆、ミッションを持って生まれてきます。私は幼少の頃、まわりに不幸な人が多かったのですが、彼らを助けられなかったことが今でもトラウマとして残っています。この事業や人生を通して、困っている人を助けられる人間になることが、私のミッションであり挑戦だと思っています。人生は、不安に思っている95%のことは起きません。余計な想像をする暇があったら、新たな挑戦をすることが大事ですよ。何があっても、人は生きていくしかないのですから」

過去の苦しい経験を乗り越え、人生と仕事の審美眼を手に入れた川村氏。心の奥底で繋がっている仲間たちと共に、これからも“お金で買えない本質的な成功”を追求し続ける。

川村英之

株式会社グリーンランド Founder&CEO
http://www.green-land.co.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。