Powered by Newsweek logo

伊藤全哉
ITO ZENYA

伊藤全哉

医療法人全医会あいちせぼね病院 院長

あらゆる技術や方法を使いながら、
腰痛に悩むすべての人を助けていきたい。
腰の病は最新の検査と手術でその多くが治る可能性がある一方で、「腰痛は治らない」と決めつけてしまっている人も少なくない。そんな現状を打破するため、日本国内で、あえて整形外科分野で保険診療に加えて、自費診療にまで取り組む病院がある。腰痛と奮闘する、院長の伊藤全哉氏に話を聞いた。
伊藤全哉
自費診療は最新・最短治療

「背骨、腰は体の大黒柱、痛みが我慢できなくなると動けなくなってしまいます。また、手術なしで治療できたはずの腰痛も、悪化してしまうと手術するしかなくなる、という例も少なくありません。まずは、悪化する前に来院してほしい。腰痛が治らないのは過去の話で、現在は腰痛の9割近くは治る可能性があると私は考えています」

腰痛に関する診断を早く、正確に下すために、あいちせぼね病院はMRIを4台、そのほかレントゲン、CTを加えた検査設備を導入している。たとえば脊椎の精密検査を行う場合、1〜2カ月かかる病院もあるが、当院の脊椎ドックと呼ばれる検査では、1日で済ませることができる。

「MRI、CT、レントゲンは医療保険制度上、一度に検査を行うことが難しいです。最大3回も来院することになり、患者さんはその間ずっと痛みを抱えたままです。当院では自費診療と保険適用の診療の違いをきちんとご説明した上で、自費診療をお選びいただいた患者様には一度に検査を行って診断を下し、手術が必要ならば次回の来院で行います。たった2回の来院で済ませる一発診断の一発治療です。これは圧倒的なスピードの違いだと自負しています」

こうした独自の取り組みは検査だけにとどまらない。手術についても、海外から最新の術式を取り入れて活用している。

アメリカへの留学経験もある伊藤氏の印象では、整形外科技術に関して、日本はアジア諸国やアメリカに大きく先を越されている。そして、腰部の手術は、内視鏡を使った低侵襲治療がメインとなっているが、その技術は海外でも日を追うごとに進化している。

「現在、日本で認可されているのは16ミリと7ミリの内視鏡治療ですが、私は3ミリのものも使用します。患者さんの多くは高齢者ですから、体の負担を軽減するよう心掛けなければなりません。そのためのベストな選択とは何なのか。そこを突き詰めて考えた結果、一般に国内で使われている内視鏡より細いものを使って手術を行うべきだという結論に至りました」

伊藤氏の見解では、日本の保険診療の範囲は狭く、海外の新しい技術は保険適用になるまで相当な時間がかかる。現場の実情に対し、医療行政のスピード感が圧倒的に足りていないため、新技術を採用するとなると、自費診療にするしかないのが現状だ。同院で行っている1日検査や内視鏡治療などは、日本で未だ認可していないため自費診療となるが、その治療を求めて遠方からの問い合わせもあるという。

「最新の技術でより早く患者さんを助けたい。この理想を追求するために、自費診療という選択肢も取り入れていくことは必要だと思っています。保険適用外なので、費用はかかりますが、その分新しい技術、最新の検査機器での医業を貫いています」

伊藤全哉
出すぎた杭でいたい

最新情報を入手し、実際の治療に役立てるため、伊藤氏はさまざまな活動を展開している点にも注目したい。毎年、海外の脊椎関連の医師を100名ほど招き、学術発表の場を設けているのだ。

これは地域の個人病院としてはもちろんのこと、学会等を含めて考えても、その規模は決して小さくない。韓国、中国、アジア、欧米の医師を招いて、最新の知見を発表する場を設けているのだ。専門知識を共有することで、医師たちはお互いに高めあうことができるだけでなく、日本人医師への啓蒙活動にも繋がると伊藤氏は考えている。

「私自身は、今でも年6回ほど海外の学会に行っていますが、整形外科の分野は論文を読んだだけではわからないことも多い。実際に現地に足を運んで手術に触れる。知識だけでなく、現場の実地経験が大切だと実感します。こうした経験を積み重ねることで、自分の引き出しを増やしていきたいですね」

心身一如、これが伊藤氏の医療に対する基本スタンスだ。ただ病気を治すだけでなく、患者の心まで治すことを追求し続けている。

「若い頃に先輩医師に西洋医学、東洋医学、そして心理学の3つを極めればすべての病が治せると言われたのです。それが心に残っていて、今も忠実にその教えを守っています。医師の多くは理系ですから、原点を忘れて器材や投薬に走りがちです。しかし、私は医師とは文系要素も多分にある職業だと思っています。医学だけでなく患者の心まで診る。あらゆる技術や方法を使って、この世から腰痛をなくしていきたいと思っています。抜苦与楽。すなわち患者の苦悩を除き安楽を得る。これが私達の医療の原点です」

伊藤氏のさらなる活躍、そして挑戦の先に見える未来に今後も期待したい。

伊藤全哉

医療法人全医会あいちせぼね病院 院長
https://www.itoortho.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。