Powered by Newsweek logo

CHALLENGING INNOVATOR

一見誰もが無謀と感じる挑戦こそが、 世の中に新しい価値をもたらす。
そしてチャンスは、誰にでも平等にある。
誰もがCHALLENGERであり、 INNOVATORでもあるのだ。

株式会社ファミリーマート 澤田貴司
SAWADA TAKASHI

澤田貴司

株式会社ファミリーマート 代表取締役社長

日本フランチャイズチェーン協会が公開している資料によると、全国にあるコンビニエンスストアの店舗数は直近の2017年度のデータで5万7,956店。業界内では5万店を一つの飽和点とする考え方が主流であるという。店舗展開という点ではすでに頭打ちともいえる現状を、事業再生のプロフェッショナルはどう打破するのか。
株式会社USEN-NEXT HOLDINGS 宇野康秀
YASUHIDE UNO

宇野康秀

株式会社USEN-NEXT HOLDINGS 代表取締役社長CEO

2017年、映像配信事業や通信事業、メディア運営事業などを営む各子会社の経営統合を果たし、新たな一歩を踏み出した株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS。『必要とされる次へ。』をスローガンに掲げる同社が、これからの社会にもたらす変化とは——。
井手 直行
IDE NAOYUKI

井手 直行

株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長

長野県軽井沢に本社を置くクラフトビール製造のヤッホーブルーイングは、クラフトビールを全国の小売店へ流通させた立役者だ。現在は大手4社とオリオンビールに続く第6位の売上高に成長し、業界を牽引している。その躍進の背景には、狭く深くターゲットを絞って獲得した自社の「ファン」との関わりがある。
国連広報センター 根本かおる
KAORU NEMOTO

根本かおる

国連広報センター 所長

2015年に国連本部で採択された17項目の「SDGs(持続可能な開発目標)」。先進国に関わる課題も多く含まれ、企業の関心も高い。国際連合広報センター所長は、国連職員として、また一人のビジネスパーソンとして、多様性を尊重する経営がSDGsを理解する足がかりになると語る。
前垣内佐和子
MAEGAICHI SAWAKO

前垣内佐和子

キャピタル・エヴォルヴァー株式会社 代表取締役

M&Aアドバイザリー事業を通じて、会社の経営に深く携わり、日本経済の活発化を目指す、キャピタル・エヴォルヴァー株式会社。
知識、経験、そして人を見つめる目を最大限に活かし、会社の命運を左右する提案に、厚い信頼を得るまでには、努力と挑戦の日々があった。
日本経済に活気をもたらすためのM&Aアドバイザリー事業とはどんなものか、インタビューを通し紐解いていく。
ネットイヤーグループ株式会社 石黒不二代
FUJIYO ISHIGURO

石黒不二代

ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO

デジタルテクノロジーの急速な発展が社会にもたらした変化の一つが、マーケティングの概念だ。テレビや新聞などのマスメディアを利用した大衆向けの発信から、インターネットを経由して個々の興味関心にリーチする新時代へ。この大きなうねりを乗り越え、勝ち残る企業の条件とは……