Powered by Newsweek logo

吉田達二郎
YOSHIDA TATSUJIRO

吉田達二郎

株式会社ジェラフル 代表取締役

クレープ事業の魅力を広め
業界のリーディングカンパニーを目指す
今やスイーツ界の定番ともいえる「クレープ」。この商材に誰もができる独立技術を掛け合わせたことが評判となり、フランチャイズオーナー志望者が引きも切らないというのが株式会社ジェラフルだ。競争と入れ替わりが激しいスイーツ業界の中で、売上と店舗数を順調に増やして来た同社。その安定と成長を支えているものとは。
吉田達二郎
急成長と安定を支える、現場経験から得た知識

もっちりクレープ&タピオカのGelaFruを運営する、株式会社ジェラフル。2004年7月に創業し、全国に31店舗を展開している(2019年10月24日現在)。出店場所は観光地ではなく、ショッピングモールや住宅地。半径3km以内の住民をターゲットに、各店舗が地域に密着するスタイルをとっている。安定したビジネスモデルを確立しているため、独立志望のフランチャイズ(以下FC)オーナー志望者が後を絶たず、出店スピードが年々上がっている。

「高校卒業後は、デパート販売員や水道業界を経て、芸能の仕事の傍ら飲食店に勤めていました。ひょんなことから、私が東京汐留のイタリア街に軽飲食の店舗を出すことになり、片手で食べ歩きできて景観に映える食品として、クレープを扱うことになりました」
そう語るのは、代表取締役の吉田達二郎氏。今は経営に専念しているが、創業から10年以上、ほぼ休むことなく現場に立ち続けた。「どうしたら人の目を引けるのか、どうしたら売れるのか」、その答えを求めて、店舗に立ちながら通行人の様子を観察したり、街中の看板の見せ方を研究したり、集客方法を徹底して追究し続けた。

現在展開中の1店舗あたりの面積は約5坪だが、そのレイアウトや什器の配置のすべてに吉田氏のノウハウが詰め込まれており、自ら商品開発にも携わっている。
「ラーメン業界などでは現場歴10年以上の人は沢山いますが、クレープ業界で私ほど現場経験がある人は聞いたことがありません。弊社は外部コンサルを一切入れていないのですが、それは汗水垂らしながら現場で得た知識に勝るものはないと考えているからです。数字上のデータも大事ですが、コンサルのアドバイスは机上の空論に過ぎません。弊社には100ページのマニュアルがあるのですが、これは私が自分で作ったんですよ」と、笑う吉田氏。実学が反映された戦略とメニュー構成が、ブームに左右されない売上を支えている。

同社が事業を行う上で大切にしているのは、当たり前のことをしっかりやること。小難しい社訓やクレドは、あえて設定していない。多くを望んでいるわけでなく、元気な挨拶、人の目を見て会話すること、笑顔でちゃんと「ありがとう」と言えること、たったそれだけを徹底できれば良いと考えている。
「当たり前のことを最低限やっていれば、必ずお客様は帰ってくるし、誰かが見ていてくれます。欲を言えば、常連さんと『髪切りました?』のような、プラスワンのコミュニケーションがとれたら良いですね」

吉田達二郎
FCオーナーが勝ってこそ成功。すべては現場のために

吉田氏は、クレープ・タピオカ事業のような軽飲食事業は、重飲食事業に比べて非常に低く見られていると問題視している。自身も現場に立っている頃、来客から「こんな仕事して恥ずかしくないの?」と茶化されたことは一度や二度ではない。しかし、実際はクレープを高いクオリティで作ることは職人技であるし、きちんとやれば生計も経営も十分成り立つ魅力的な事業なのである。これからどんどんクレープ業界を底上げし、地位向上に尽力していきたいと考えている。

今後は地方への出店も強化し、5年以内に150店舗達成を目標としている。海外展開も視野に入れており、色々な国に出店することでジャパニーズクレープの文化を広げていきたいと考えている。「目指すは“業界のリーディングカンパニー”です」と、吉田氏は目を輝かせる。

飲食以外に、WEB事業・建築デザイン事業・リース事業も構想中だ。一見特性がバラバラなこの3つには、実は共通点があると言う。
「これはすべて、弊社の飲食事業の運営に必要なものなんです。今は、マーケティング・店舗作り・調理器具のレンタルはすべて外注しているのですが、外注は余計なお金がかかるので、社内でやりたいのです。そうして浮いた経費は、FCオーナーに還元していくつもりです」

吉田氏のもとには、年間何十人もの新規FCオーナー志望者がやってくる。はるばる遠方から来る人も多く、長いときには4時間以上話し込むことも。彼らと面談しているからこそ、強い信念が芽生える。
「FCビジネスというのは、オーナーさんが勝ってこそ成功です。現場が頑張っているから本部が成り立っていることを、忘れてはいけません。私が今日こうしてクレープを焼かずに取材を受けられるのも、現場のおかげですからね」

まわりから反対されながら始めた事業も、今年で丸15年。諦めたら負けだと、悔しさをバネに続けてきたことが今に繋がっている。
「私は学生時代、劣等生でした。世の中には頭が良い人や学歴が高い人は沢山いますから、その人たちと対等に話すために、今必死に勉強しています。見るもの聞くことすべてが勉強、毎日死ぬまで勉強です。弊社は飛行機に例えるとやっと離陸したばかりで、まだまだこれから。目標が高ければ高いほど、ワクワクしますね!」

吉田氏はまさに、真面目にやれば結果が出せることを伝える生き証人。
これからも、持ち前の反骨精神を武器に事業を育て、業界のリーディングカンパニーを目指す。

吉田達二郎

株式会社ジェラフル 代表取締役
http://gelafru.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。