Powered by Newsweek logo

FBモーゲージ株式会社 根石高宏
NEISHI TAKAHIRO

根石高宏

FBモーゲージ株式会社 代表取締役社長

人と地域に寄り添う「最良」の提案で
ファイナンスをもっと身近な存在にしたい
「顧客ファースト」をビジョンに掲げる企業は少なくない。だが、真に顧客第一で意思決定を行えている企業は必ずしも多くないはずだ。「それでも僕らは、お客様にとってベストな提案を徹底し続ける」、そう語る根石氏の成功哲学とは──。
FBモーゲージ株式会社 根石高宏
「顧客第一主義」をマネジメントの土台に据える

住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」を扱うFBモーゲージ株式会社の創業は2015年。根石氏が35歳の時だった。大手不動産会社などからの依頼を受け、固定金利型の住宅ローンを提案、顧客一人ひとりに寄り添ったサービスが信頼を生み、業績を拡大させてきた。
「住宅購入という夢を、より多くの方が実現できるような手助けをしたいという思いから独立しました。『フラット35』は借り入れ時の金利が最終返済まで変わらない住宅ローン。銀行などの金融機関でローン審査が通らない方にも適応できる柔軟な仕組みが特徴です」。

確かに住宅購入は、人生において大きな決断の一つだ。顧客からの信頼を得るためにはローンに関する専門知識に加え、顧客の置かれた状況を的確に理解し最適な提案をできる人材が求められる。
創業以来、着実に評価を高めていった同社では、どのようにマネジメントを行っているのだろうか。「営業職にはあえてノルマを課さず、目の前のお客様に最大の価値を提供することを徹底しました。お客様や取引先との信頼関係が築ければ、経営的な視点でノルマを立て、そこに寄せようとしなくても、売上は自然とついてくると考えたからです」

業績を伸ばすのも経営者の仕事だが、それに耐えうる組織を作るのもまた、経営者の重要な仕事。「僕の最大のミッションは、スタッフに気持ちよく、楽しく仕事をしてもらえる環境を考えること」と語る同氏は、あえて自由度を高くすることで、社員が安心して顧客に向き合える居場所を作る。その徹底ぶりこそ、同社の中核に置かれる「顧客第一主義」の本質なのだろう。

生活を送るうえで資金計画が必要になるのは、住宅を購入する場合だけではない。同社では顧客のライフプランに関わる課題を経済的な側面から支援するため、サービスの拡充を検討している。
その一環として、リリースに向けて準備を進めているのが女性対象の総合的なファイナンスサービスだ。住宅ローンに限らず、保険や相続といったファイナンスにまつわる一連の相談を請け負う。

「女性のお客様のなかには、将来のライフイベントに向けた資金計画や、離婚後の住宅ローンの支払いについて悩まれる方も多くいらっしゃいます。既存のファイナンスサービスでは、女性が自分に合った商品を見つけるための情報と、それをサポートするための仕組みが十分に整っているとはいえません。現代は女性の生き方も多様化している時代。それぞれのライフプランに合ったご提案を行っていきたいですね」

FBモーゲージ株式会社 根石高宏
多様な新サービスとプロモーションの意義

ファイナンスの相談に当たっては、人生経験豊富な40代~50代の女性スタッフが対応を行っていくという。たしかな知見ときめ細やかなサービスで、女性目線でのサポートを目指す。サービス開始は今年の夏ごろを予定しており、現在は新拠点の立ち上げに向け準備を進めている。
「店舗は相談に訪れたお客様がリラックスできるよう、カフェのような内装に仕上げました。『お客様にとってベストの提案をする』という想いを共有する仲間と共に、オンリーワンのサービスを目指します」

埼玉の大宮に拠点を構えて約4年。地域への感謝は根石氏の原動力となっている。
「ゼロの状態から起業して、ここまで事業を伸ばしてこられたのも、お客様をはじめ地域の皆様のおかげだと思っています。その恩返しの意味も込めて、今後は地域の少年サッカーやフットサルのチームを集めたサッカー大会等を企画していきたい」
根石氏も語るように、すでにサッカー協会なども巻き込んで話を進めており、今後は同社をスポンサーとする「FBモーゲージカップ」を年2回ほど開催する予定だ。入賞したチームにはユニフォームやボールなどを贈呈するという。

「もともと埼玉はサッカーが盛んな地域。大会に出場したチームから将来活躍するような選手が生まれてくれたら嬉しいですし、大会の開催は会社のプロモーションにもつながる。ファイナンスを地域住民にとって身近な存在にし、いざというときに頼ってもらえる関係性を築いていきたい」と話す。

「フラット35」を提供する代理店の売上ランキングでも常に上位にランクインし、今期は新サービスのリリースを控える同社。それを率いる根石氏は、終始冷静に会社の現在地と未来を語った。事業や組織が拡大するなかで、代表としての不安やプレッシャーを感じることはないのだろうか。

「大事な局面での意思決定や、社員の人生を預かることに関して、全くプレッシャーがないと言ったら嘘になります。けれどその感情も含めて楽しむぐらいの気概でいたい。何より心強い社員たちが全力でお客様と向き合っている。私は彼らが継続的に安心して働ける環境を整えることに全力投球したいですね」
そう語る根石氏の口調は穏やかながら、強い覚悟を感じさせる。挑戦は、まだ始まったばかりだ。

根石高宏

FBモーゲージ株式会社 代表取締役社長
https://fbm35.com/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。