Powered by Newsweek logo

清水裕司
SHIMIZU YUJI

清水裕司

株式会社YZコンサルティング 代表取締役社長

生徒と従業員の自己実現をかなえる塾
競争が激化する学習塾業界において、通塾する生徒と従業員の自己実現にこだわるという理念のもと、結果を細かく数値化した管理方法によって信頼を集めている学習塾ITTO個別指導学院を運営する株式会社YZコンサルティング。2010年の創業から、スピード感のある教室数拡大を続けてきた事業運営の背景をひもとく。
清水裕司
パーソナルな指導で生徒に寄り添うトレーナーに

学習塾は、少子化の影響により業界全体の市場規模が横ばいでありながらも、種類や数は増え続けており、サービスや経営方法をいかに差別化できるかが生命線となっている。ITTO個別指導学院はフランチャイズの形態で運営されており、株式会社YZコンサルティングは当初2教室を運営。教室数を増やす計画はなかったものの、予想以上に生徒が集まり教室に収まりきれなくなったことをきっかけに、教室を増やし続け、現在では25教室にまで数を増やしている。
「生徒に寄り添うパーソナルな授業を行っていることが他社と差別化できているポイントであると考えています。ヒントを得たのは、自分がかつて通っていたジムで、パーソナルな指導を受けたことにより15kgという大幅な減量に成功した経験でした。トレーナーのように生徒を目標達成まで管理していく存在を作っていきたいと思ったのです」
そう話すのは、代表取締役社長の清水裕司氏である。

生徒は小学生から高校生まで幅広く、中学生と高校生は受験を目的とした入塾が多いが、受験のない小学生の入塾も増えているという。2020年に学校指導要領が変わることに先行して授業内容のボリュームが徐々に増え、つまずいてしまう生徒が多く、学校の授業の補習目的での入塾が大半を占める。精神的に未熟な小学生に対して、目標達成のためにやる気を出すよう働きかけることは非常に難しいという。
「塾の講師のやりがいは、学校の方針に従わなければいけない学校の教師に比べ、指導に独自性をもつことができる点にあります。生徒本人はもちろん、ご家族との触れ合いにより心の距離が近くなり、学校では聞けないような相談をしてもらうことで、より親身に向き合うことができることが、塾講師としての醍醐味となっていますね」

生徒の学習進捗管理はもちろん、教室数の増加によって講師のクオリティにバラツキを生まないことも目的とし、学習の進捗、小テストの結果などすべて入力することで管理を徹底している。生徒一人ひとりの管理ページを作ることで、塾講師と家族、そして家族と生徒本人、それぞれの情報共有に役立てている。わかりやすい結果の提示方法が、信頼を生み、本人と家族の架け橋のような存在になっていることに喜びを感じる講師も多いという。

清水裕司
講師自身もなりたい自分につながる教室に

学習塾業界では、アルバイト講師、正社員ともに採用が難しくなっているといわれる。働く環境が整備されていない塾が多いことや、アルバイトにおいては他業種との時給差がなくなってきていることなどが理由に挙げられる。その分採用コストも上がるため、経営を圧迫しがちだ。そんななか、同社は正社員5名の採用枠に対し、70名という驚きの応募数を得ている。応募の魅力となっているのは、将来のビジョンに合わせてコース別に分かれた勤務形態を用意している点だという。
「1つ目のコースは、授業のスキルをとことん磨きたい方に向けた専任コース。このコースは週4日勤務なのでプライベートも充実させることができる。2つ目のコースは、教室運営スペシャリストコース。これはいつか自分で教室を運営していきたいと考えている人のためのコースです。3つめはマネージメントコース。最も人気を集めているのがこのコースで、1つの教室で教えるだけではなく、複数の教室の講師を務めながら、将来的にエリアマネージャーにキャリアアップしていくことを目指すコースです。弊社では、生徒だけではなく従業員の自己実現も大切にしています。なりたい自分をイメージし、理想とするライフプランを実現するための仕事にしてほしいと思っています」

従業員の増加に合わせ、社内SNSツールを使ったコミュニケーションの強化や、理念を共有する会議の定期開催、生徒の成長結果をデータ化することによる塾講師自身の評価制度の設定など、働く環境の整備に丁寧に取り組んだ。その結果、同社の離職率は低下し、講師の質が安定したことで新たに教室を開設するスピードのアップにもつながっている。会社への信頼も高まり、就職希望者が増えるという好サイクルが生まれている。

「私たちが開校にこだわっているエリアは、区画整理地や新興住宅地などで、人が増えても、塾が作られていないエリア。まだまだ多くの方が待ちわびてくださっています。
2020年までに全体で30教室、2025年には50教室の運営を目指し邁進していきたいです」
今は上場を目標に事業展開を進めている清水氏。学習塾のなかには海外進出をしはじめている企業もあり、同社もいずれグローバルに活動の場を広げることもイメージにあるという。なりたい自分を実現できる学習塾は、スタッフ全員が、なりたい教室という理想に向かって、笑顔いっぱいで走っていた。

清水裕司

株式会社YZコンサルティング 代表取締役社長
http://www.yz-itto.jp/
※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。